お得情報

そもそもねぎとろとは?

ごはんにのっけてどんぶりにしたり、海苔を巻いて手巻き寿司にしたり、イワシの代わりに団子にしてつみれ汁にしたりと こんなん、なんぼあっても困らんな、ねぎとろについて独自にまとめてみました。

ねぎを乗せるからねぎとろ⁉

ねぎとろと検索すると葱が乗っている画像がたくさん出てきますので、ボクも知るまでは当然のようにそう思っていたのですが、どうやら葱という意味ではなさそうです。

調べていくと、まぐろを売るお店で従業員の賄い料理にだしていたということです。
サクにして販売したときに皮や中骨に残った肉をねぎ取る
(値切るじゃないよ!)というのが語源だそうです!

余談・・・ねぎとろって勝手にかわいい印象がありましたが、ねぎ取る!と聞いてなんか・・かっこいい!とてもたくましい(笑)と思いました。

よく食べるねぎとろは

ねぎ取っているのではなくて(笑)工場で製造されています。
メバチまぐろやキハダまぐろなどまぐろと旨味調味料などを混ぜ合わせて、製品に仕上げています。

かってにおすすめ 旨いとおもうからやって~みる?

モロヘイヤをミキサーやすり鉢でネバネバにしてからのぶっかけ丼
海の幸とも相性バツグン!とビックリ
イカ・タコ・ホタテと始まり白身魚や~そうですヤッパリまぐろでしょっ!
「おためし どんぶり」としてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
味付けは白だし使いの和風で 濃さはおこのみで。

最後に

現代のねぎとろは、価格の安定、おいしさの追求など、努力の積み重ねにより生み出される商品なのですね。
また、ご高齢や咀嚼力の弱い方々も安心して鮪のお刺身が味わえる商品とも思いました。


次回は「 食べているのは何まぐろ!? 」 魚種編 です。

関連記事一覧